痛くない!VALENTINDヴァレンティノ偽物タッズ ハイヒール

 今のところタッズのデザイン、運用して多くの場所を持って、服、かばん、キャップなどがあります。ハイヒールも例外でありません。このVALENTINDヴァレンティノ偽物タッズ ハイヒール、優雅なあまりは少しのパンク風がまだあります。スカートによく合うことができるだけではなくて、ズボンによく合うのもとても美しいです。ドレスアップにせよ、カジュアルにせよ、コーディネートをお洒落に見せるのであれば“微差”が欠かせない。それを容易にかなえてくれるのがヴァレンティノの新作ブーツ「GROVE(グローヴ)」のブランドs級コピー品。カジュアルを格上げし、ドレスアップのハズシとしても使える便利なブーツが、センスのいい足元、を演出する。

 メンズファッションの着こなしにおいては、ルールがある。だからこそ、それを遵守すれば、誰でも失敗することがない。かといって、それがお洒落かどうか、となると話は別。正統なスタイルは、それはそれでありなのだが、そのまま着たのではファッションが本来もっている“楽しさ”はない。人とは違うこと、つまり個性化こそがファッションの通販コピー品の魅力なのだから。
ともすると、それは“ハズレ”となって“ハズシ”にならいないこともある。それを防ぐためには、本来は斯くあるべしというコーディネートを把握したうえで“ちょっとだけハズす”のがポイントとなる。例えばスーツスタイルなら、インナーにタートルネックを合わせ、足元はヴァレンティノの「GROVE(グローヴ)」を。そうすればドレスダウンが容易に可能。またカジュアルなら2アイレットの「グローヴ」を合わせるだけで、優雅な曲線を描くノーズがドレッシーな印象を高めてくれる。このように、ドレス、カジュアルにおいて、センスのいい“ハズシ”を実現してくれるのが、この靴の最大の特徴といえよう。

 「グローヴ」を見て受ける第一印象は、バランスのいいブーツといったイメージ。2アイレットにすることでノーズに優雅な雰囲気を与えつつ、トゥにほど良い丸みやボリュームをもたせた新ラスト「0015」を採用することで、カジュアルなスタイルともマッチするようなデザインに。またラウンド状にカットされた外羽根から足入れの部分にかけて、アッパーのレザーとトーンを合わせたレザーのパイピングを施し、さらなる上品なイメージで仕立てられのブランドスーパーコピー品である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です