連載「憧れの逸品」No.38 ヴァレンティノのはじめの一歩はスニーカー

イタリアのアルティジャーノをベースにまぶしたストリートマインド──自他ともに認めるモード界のトレンドセッター〈ヴァレンティノ(VALENTINO)〉の地力を知りたいならスニーカーが手っ取り早い。

伸縮性に富んだニットファブリックで構築されたアッパーにフリンジをあしらったスエードのレースステイとカウンター。並みのデザイナーならワントーンでそのメリハリをセーブするところ、クレイジーパターンさながらそれぞれのパーツに個性のある色を落とし込んだ。それでいて一足の靴として完成したときにはどこかノーブルな雰囲気を漂わせるのだから舌を巻く。

2008年にクリエイティブ ディレクターに就任したピエールパオロ・ピッチョーリのキャリアの第一歩はアクセサリーラインだった。スニーカーはゆめゆめおざなりにはできないアイテムなのだろう。

Photo_Hiroyuki Takashima
Text_Kei Takegawa
Edit_Ryo Muramatsu

ヴァレンティノ インフォメーションデスク
電話:03-6384-3512
www.valentino.com
転載サイト:http://www.houyhnhnm.jp/news/156113/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です